シュトイヤー、純フランス産リード

サビーネ・マイヤーは、ソリストしてのキャリアを始める以前、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団で首席クラリネットを務める。室内音楽をほぼ中心に活動し、ブラゼールアンサンブル・サビーネマイヤー(管楽器合奏団)を設立した。

1983年にはTrio di Clarone(トリオ・ディ・クラローネ)を結成した。彼女はまた、2003年にクラウディオ・アバドによって再び結成された、スイスのルツェルンで行われる国際音楽祭の時期に集結する、新ルツェルン祝祭管弦楽団の首席クラリネットである。

彼女は≪Stadler (シュタードラー)≫と呼ばれるモーツァルトのクラリネット五重奏曲イ長調を、≪ハーゲン弦楽四重奏団≫と共演した。

 

S800モデルをシュトイヤーとの協力で開発した。彼女は20年来の我がブランドの誠実なアーティストである。