シュトイヤー、純フランス産リード

 

 

生島繁プロファイル

 

 

6歳からヴァイオリンを、12歳からクラリネットを始める。国立音楽大学で大橋幸夫、小笠原長孝両氏に師事。在学中、フランス政府給費留学試験に合格し渡仏。フランス国立ルーアン音楽院で、クラリネットをジャック・ランスロ、室内楽をレーヌ・フラショー両氏に師事。同音楽院クラリネット及び室内楽料を共に一等賞で卒業。その後マスターコースも修了する。また5年間ニース夏期国際音楽アカデミーでワルター・ボイケンス氏にも師事する。パリのレオポルド・ベラン・ヤングコンクールのスーペリユール&エクセランス両部門で第一位を獲得する。

 

卒業後、フランス政府文化省ソリスト国家資格試験100人中で第一位になる。フランツ・リスト室内オーケストラの首席奏者としてヨーロッパ各地、トルコ、イスラエルに演奏旅行。また2週間の地中海クルーズで、クリーヴランド・クァルテット、ロストロポービッチ、J.P ランパル、M.アンドレ各氏と室内楽演奏会を行う。

 

 1974年、フランス国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団に首席クラリネット奏者として入団。木管楽器でフランスのオーケストラに入団した初の日本人となる。1995年までの在籍21年の間には、オーケストラと世界各地に演奏旅行を行なったほか、ヨーロッパ各地の主要な音楽祭にも数多く参加。また、EMICBSソニー、ドイツ・グラムフォンなどの主要レーベルで70枚ちかくのレコーディングを行う。これらの録音は最近、「フランスオペラ全集」と「フランス管弦楽曲全集」として、各々36枚組のコッフレで発売されている。

 

室内楽は、トゥールーズ木管八重奏団とトゥールーズ木管五重奏団のメンバーとして活躍。1992年のトゥールーズ木管五重奏団来日公演ではレコーディングも行った。

 

ソリストとしては新日本フィル、東京交響楽団、トゥールーズ・キャピトル管と、ホッフマイスター、R・シュトラウス、フランセ、モーツァルト、コープランドのコンチェルトを共演。

 

日本では1983年の東京デビューリサイタル以来、毎年コンサート、NHK TV&ラジオ出演、レコーディングなどと幅広い活動を行っていた。1995年、国立音楽大学に招かれ、26年間の滞仏生活に終止符をうち日本に帰国。

 

国内外の数々のクラリネット・コンクールに審査員として招かれる。海外では、1990年ブリュッセル国際クラリネット・コンクール。2006,2008,2010,2012,2014年トリノ国際クラリネット・コンクール。2010,2014年パリ国際ドゥビュッシー・クラリネット・コンクールの審査員に招待される。

1996(パリ)2005(日本)開催のクラリネット国際フェスティヴァルや2012年リスボン国際クラリネット・ミーティングに招待されマスタークラスと演奏をする。


CDは「生島繁クラリネット・シーン」4枚と「トゥールーズ木管五重奏団」1枚の5枚組コッフレが発売されている。

 

ビュッフェ・クランポン株式会社専属講師。

使用楽器:Buffet Crampon Tosca GL

ベック:Vandoren B40

使用バリル&ベル:Francois BENDA